So-net無料ブログ作成
検索選択
障害のこと ブログトップ

高度難聴と難聴と中途失聴と中途難聴 [障害のこと]

聴覚障害は一般的に二つの要素で分かれています。

1、伝音性難聴

2、感音性難聴

この両方を持った障害者も居ます。言語獲得にやや優れるのが伝音性難聴と言われています、それは治療が可能なこと。ただし治療後も難聴の傾向がまったくなくなることは正直確かではありません。この伝音性難聴の場合ですが、補聴器の着用により、ほぼ健聴者と同じ音を獲得できると言われています。しかし、この伝音性に感音性が混じって居たり、または耳漏などの病気を抱えている場合、補聴器の装着が有効ではないことがあります。

続きも読んでみちゃる?(笑)


nice!(1)  コメント(2) 
障害のこと ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。